JamesSkinner 成功の扉

あなたは何者にもなれる~無限の可能性の世界で生きる原理原則とは~【お金の科学1】

367 views
約 3 分

今回の動画は『あなたは何者にもなれる~無限の可能性の世界で生きる原理原則とは~【お金の科学1】』です。

あなたの今までの人生はどのようなものだったでしょうか。

豊かなものだったでしょうか、それとも欠乏した人生だったでしょうか。
恐怖を感じながら生きていたのか、幸せだったのか。
人にはそれぞれ多くの道があります。
科学の言葉を使うのであれば、私たちは無限の可能性の場の中に住んでいるのです。

無限-1ではありません。
無限なのです。
つまり、制限されることはなく、存在することもないのです。

あなたは今広大な図書館の中にいるとします。
ある本に興味を持ち、その本を開くとこう書かれていました。
「あなたの人生の続き」
あなたその本が気になり読み始めると、その人生を歩むようになります。
また別の本棚にたどり着き、本を開くと、その本にも書かれています。
「あなたの人生の続き」
その本にまた興味を持ち読み始めると、あなたはその人生を歩むようになります。

あなたの人生のこれからは膨大な選択肢、無限の生き方があるのです。

これからあなたは貧乏になろうと思えば、簡単になれると思います。
銀行に行き、全財産を使い果たして、仕事を辞めればそれであなたは貧乏になれるのです。
このように、無限の-の可能性は誰もが思い浮かびますが、無限の+の可能性をあまり考えていません。

ここから少し科学の話をしましょう。
天井にある電球から光が放たれています。
この光は常に光続けているのでしょうか、それとも点滅しているのでしょうか。
結論から申し上げると、光は常に点滅しています。
ではなぜ光がずっと出ているように見えるのでしょうか。

それは、人に「記憶」があるからです。

人には記憶があるので、前に入った光を次の光が入るまで記憶しているのです。
他にも動画なども同じ例として使うことができます。
動画は1秒間に24~30枚の静止画を連続して流すことで、継続した動画に見えるのですが、これも人の記憶があるからこそ継続した世界を作り上げることができるのです。
もちろん音も波なので、光と同様に断続した物です。

この世界は全て振動からなる物質からできているので、私たちの住んでいる世界は全て点滅しているのです。

ですが私たちには記憶があり、断続した世界を全て継続した世界にしているのです。
私たちの人生は、常に点と点を繋ぎ合わせて生きており、この並んだ人生の点の間を記憶で繋いでいるに過ぎないのです。

あなたはどのような点と点を繋いできましたか。
そしてその点を人生を豊かにするような並べ方に変えたいと思いませんか?
点のラインを考えてみましょう。

この動画を見れば、あなたがどの様な世界に住んでいて、どれだけ無限の可能性にあふれているかが分かります。是非、最後までご視聴下さい。

動画目次

  1. 00:00 オープニング
  2. 00:05 我々は無限の可能性の場の中に住んでいる
  3. 09:22 私たちの住んでいる世界は点滅している
  4. 16:40 点と点のスペースの中に無限の可能性の場がある
  5. 20:40 ワープをする事は当然であり、皆さんがワープをする事は可能である

※時間のリンクをクリックするとYouTubeで再生されます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Send to LINE